転職活動から明日すぐできる短期バイト探しまで。仕事にまつわるあれこれを応援します。

50代での転職のリアル。私がどうやって再就職したか

   

今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる13の方法

駅のホームで電車を待つ中年サラリーマン

50代ともなると転職が難しくなります。

仕事の選択肢が極端に狭まります。

そんな中、事情があって転職せざるを得ない場合、どうやって再就職するか。

50代男性の実際の体験談からご紹介します。

50代前半で病気により退職、再就職できず途方にくれる

50代前半の頃、メンタルの病にかかり、長く勤めていた会社を退職せざるをえなくなりました。

その後、体調的にフルタイムで働きづらくしばらくアルバイトで生計を立てていました。

やはり50代ともなると今後の経済面、生活面での不安が大きいです。

長い期間、営業職をやっておりましたが年齢的に再就職は難しく、時間給のアルバイトで凌いでおりました。

アルバイトですから収入は不安定で、何の補償もありません。

このままの状態でアルバイトを続けていても、いつどうなるかわからないという不安な毎日を送っていました。

転職サイトやハローワークだけで再就職は難しい

やはり現在までの経験を活かし、再就職するべきだと思いました。

転職サイトに登録したり、ハローワークに行きましたがなかなか思うような仕事にはつけません。

「そんな甘いもんじゃない!」と怒られるかもしれませんが、この年齢になってくると、選択肢が極端に狭まってくるのです。

時給で細々と最低限の生活を人生尽きるまで続けるか、何とか再就職の道を模索するかなら、やはり後者です。

転職サイトやハローワークだけで再就職は難しい

もしこれから50代で転職を考えているかならば、どうやって転職するかが問題だと思います。

やはり年齢も年齢ですので、未経験の業種ではまず雇ってくれません。

よほどの経歴や経験、スキルがない限り条件も良くなることはないでしょう。

それでも働きたい、働かなければならない理由があるなら、恥も外聞も捨てて何とかするしかありません。

私も再就職のために、恥も外聞もなく、友人や知人、これまでの取引先に連絡をしました。

相談する時は、あえて苦言を言ってもらうようにしています。

苦言を言ってもらう事によって、自分が考えていた以上に想定外の答えが返ってきます。

それを自分の頭の中でシュミレーションし、また友人にぶつけてみる。

そうする事で問題点も解決されていきます。

今まで関わった取引先や、関係者にも相談するようにしています。

賛否両論様々ですが参考になります。

私の場合はこういった一連の流れの中で、ご縁あって再就職できました。

 - 40代~50代 , , ,