既卒職歴なしから就職するには

在学中に就職ができればいいですが、何らかの事情で就職できずに卒業してしまうこともあるかと思います。既卒で職歴がない状態で、就職するにはどうしたらいいでしょうか?

既卒で職歴がない状態では就職できない?

在学中に就職ができればいいですが、何らかの事情で就職できずに卒業してしまうこともあるかと思います。既卒で職歴がない状態で、就職するにはどうしたらいいでしょうか?既卒、職歴がない場合で就職するには、下記のような方法があります。

派遣社員の登録をする

派遣社員登録のために【スタッフサービス」「リクルートスタッフィング」「インテリジェンス」など派遣会社に登録する方法です。派遣社員から正社員になれる場合もありますし、職歴を付ける目的で数年就職をするのもいいでしょう。すぐに正社員採用されることを希望する場合は別の方法を検討しましょう。

ハローワークの求人に応募する

職歴がなくても若い人ならば採用してくれる企業は多いです。中小零細企業が中心となるため、大手企業への就職を希望する場合は難しいかもしれません。経験なし、職歴なしでも採用してくれる会社は多数ありますので、既卒の場合でも十分に就職が可能です。

リクナビネクストなど既卒者も申し込める転職サイトを利用する(オススメ!)

マイナビは大学生向けのため登録自体ができません。例えばリクナビならば、転職者向けが主ではありますが既卒者の方でも登録が可能です。案件によっては既卒職歴なし、第二新卒向けの正社員募集もありますので、正社員採用を狙う場合は他の手段よりもパイが多いです。→リクナビネクスト公式HPはこちらをクリック

職歴なしの期間をどう説明するか?

既卒で職歴なしで会社側が気になるのが、卒業後何をしていたか?というところ。面接では高確率で職歴なしの理由を聞かれると思います。そんな時にどう答えたらいいでしょうか?

もちろん、馬鹿正直に何もしていませんでした。と答えてしまっては仕方ありません。職歴なしの期間について、「やむを得ない理由付け」や「ポジティブな説明」ができることが重要です。

たとえば、ボランティアをしていたとか、海外を放浪していたとか、親の介護をしていたとか、難関試験の勉強をしていただとか。面接官が納得した上で、感心するような説明ができることがベターです。

たとえばリクナビネクストならば、職歴なしの場合でも企業側が納得行く説明を、プロが一緒に考えてくれるのでオススメです。

リクナビネクスト公式HPはこちらをクリック