転職活動から明日すぐできる短期バイト探しまで。仕事にまつわるあれこれを応援します。

給料だけで生活できないサラリーマンが働きながら転職活動するには

   

今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる13の方法

給料では生活できない人が転職活動を有利に進めるためには、やはり「手に職」の資格を取得することをお勧めします。

なかでも、看護の専門学校に入学し、看護師の資格をとることをお勧めします。

理由としては、看護師は今のところ待遇がよく将来性もある大きな病院であっても、まだまだ就職をすることが困難な状況ではないからです。

しかも、看護師は一旦離職しても、次の就職先を探すことも、そう難しくない状況でもあります。

看護師資格を取得するためには、看護系の大学や短大、専門学校への進学をすることが必要です。

通常3年間、働きながらの場合、4年間で国家試験受験資格を取得できます。

国家試験の合格率は、9割以上というのが一般的な学校の数値であり、なかには100%という学校もあります。

そのため、入学して、普通に学習していれば、3年ないし4年で国家試験に合格、看護師資格をもって、大病院に就職できる、というわけです。

社会人が看護師資格を取るためには学費負担の少ない公的な専門学校を選ぶ

社会人が看護師資格を取るためには、大学や短大だと学費面での障害が大きいです。

そのため、専門学校、特に、公的な専門学校を選ぶことをお勧めします。

なぜなら、きわめて学費が安いからです。

加えて、4年間の中間定時制というコースを選択すると、働きながら学ぶことも可能です。

もっとも、半日単位で学校にいかなければなりませんから、フルタイムの仕事につくことはなかなか困難ではあります。

教育訓練給付金制度が使えないか確認しよう

加えて、学校によっては、雇用保険の関係で、教育訓練給付金制度を利用できる場合もあります。

もっとも、これには、個人の条件もありますので、必ずしも受けられるとは限りませんが。

そういったことを活用して、看護師資格をとり、転職をしましょう。

 - 社会人から専門学校 , ,