転職活動から明日すぐできる短期バイト探しまで。仕事にまつわるあれこれを応援します。

明日からの生活費がない専門学生がお金を用意するには?計画的に取り組まないと学校に行く意味がない

   

今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる13の方法

一度大学を卒業して、写真関係の業界に入って社会人を5年していました。

ただ、この世界も他の世界と同様で、好きだけではダメで基本の所をマスターしていないと仕事の覚えも悪いし、相手にされないところがありました。

それで、一念発起して会社を休職に近い形で退職して、1年間専門学校に通うことにしたのでした。

専門学校は基本的に学費が高い

専門学校は基本的に公立ではなく、私立の所になりますので、学費がかなり高いです。

学費以外に、必要な消耗品にお金がかかります。

今まで社会人として暮らしていたので、お金のことは気にしたことはありませんでした。

しかし収入が無くなって、その代わりに毎月そこそこの金額が出ていくことは、想像していたものの厳しいものがありました。

私は、会社を辞める前に5年間働いていたので、その分の貯金で何とか専門学校の学費を払うことが出来ました。

明日からの生活費がない専門学校生がお金を得るには

親しくなった専門学校の友達は、社会人経験のない連中もいました。

彼らは貯蓄が十分にあるわけではないので、親がかりか、バイトをしながらというのがほとんどでした。

ただ、バイトの為に専門学校の授業に休まざるを得ないこともあり、何をしていることかと思うことは多々ありました。

バイト以外だと不用品を売ったり、家庭教師をしたりするのがほとんどです。

基本的に、社会人経験者は学ぶ姿勢は真剣そのもので、目的意識の高さは、なんとなく専門学校の人たちとは、一線を画するものがありました。

 - 社会人から専門学校 ,