転職活動から明日すぐできる短期バイト探しまで。仕事にまつわるあれこれを応援します。

副業デザイナーが在宅で顧客ゼロから月2万円稼ぐコツ

      2019/03/07

今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる14の方法

デザイナー

副業を始めるとなると一番問題になるのは顧客集めです。

デザイン制作のスキルはあるけど、副業でどうやって受注したらいいか分からない人も多いかと思います。

知人や友人の紹介で受注する他、クラウドソーシングで名刺作成やチラシ作成を受注するのもいいでしょう。

ここでは副業デザイナーが在宅で顧客ゼロから稼ぐコツをご紹介します。

 

本業と別に在宅の副業デザイナーとして活動する30代男性の体験談

  • 30代男性
  • 内容:知人からの名刺作成やチラシ作成
  • 毎月の報酬:20,000円
  • 月5,000円以上稼げるようになるまで:初月から

本業ではいくら頑張っても大幅な昇給が見込めなかったので副業を始めることにしました。

毎年3000円の昇給より副業で稼いでいく方が効率的だしやらない理由がありません。

副業をする時間を確保するために本業もダラダラ作業をせずに集中するようになりました。

副業OKな会社だったので、その点もまったく問題ありませんでした。

自宅で作業するには時間管理や自己管理が大切

もともとデザイン系の仕事をしているのでイラストレーターやフォトショップは使えました。

ただ自宅の環境で仕事をするのは誘惑が多く、自己管理がしっかりしていないと厳しいです。

家に帰ってから作業をする習慣がつくまでは時間がかかり、かなりしんどかったです。

一番問題になるのは顧客集め

スポンサーリンク

副業を始めるとなると一番問題になるのは顧客集めです。

私は最初は知人や友人の紹介で、名刺作成やチラシ案件を受注しました。

他にもクラウドソーシングで名刺作成やチラシ作成を受注できます。

後はSNSが意外と効果があり、プロフィールにデザイン制作請け負いますと書いているだけでも意外と問い合わせがあります。

やはり、顧客集めのチャンネルは多いに越したことはありません。

最初はクラウドソーシングを活用するのがてっとり早い

デザイン製作はいいものを作るだけでなく営業力も重要になります。

一人でやるならデザインだけじゃなく、新規開拓する力や提案する力も必要なので勉強した方がいいです。

対面営業は難易度が高いですが、文章でデザインの説明ができるようにしておくとクラウドソーシングでの集客にも役に立つと思います。

クラウドソーシングの場合、コンペ案件にたくさん応募するとポートフォリオが積み上がっていくのと、信頼が蓄積されます。

最初はお金にならなくてもコンペに応募するのはいいと思います。

私はクラウドソーシング大手のクラウドワークスを使っています。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」に無料登録する

本業の合間に、副業をするための時間を確保するコツ

なるべく残業はせずに時間内に本業の仕事を終わらせることが大事だと思います。

残業をしてしまって帰るのが遅くなり、副業の時間を確保するために寝る時間を削る、なんて悪循環に陥ると元に戻すのが大変になります。

多少無理してでも定時に帰るようにすることをおすすめします。

副業デザイナーをするメリット、デメリット

メリット

メリットは収入アップが見込めること。

また、会社に頼らずとも個人で稼げるという経験は大きな自信になります。

転職などを考える時にも実績として役にたつと思います。

逆説的ですが、家で副業をしていると会社の設備のありがたさもわかる時があります。

会社への感謝の気持ちが芽生えるかもしれません。

デメリット

デメリットは、時間の確保が難しいこと。

あまり多くの案件を取りすぎてしまうと徹夜で会社に出勤する場合もありえます。

なるべく余裕のあるスケジュールで案件を進めていくことが重要です。

あと、本業と同じスキルを使用しての仕事なので、収入を得るのは早いけど別のキャリアをつくるというメリットはありません。

 - 副業体験談 , , , ,