転職活動から明日すぐできる短期バイト探しまで。仕事にまつわるあれこれを応援します。

100メガ どれくらい?

      2023/01/18

100MB(メガバイト)でアプリはどれくらい使えるか。

インスタやYoutube、LINE(トーク、音声通話、ビデオ通話)、Twitter、Facebookなど代表的なアプリで説明します。

なお、100MB(メガバイト)=0.1ギガです。

100MB(100メガバイト=0.1ギガ)で何がどのくらい使えるか

インスタなら10分、Youtubeなら9分くらい

代表的なアプリを100メガ(0.1ギガ)でどのくらい使えるかまとめました。

なお利用状況によって変わりますので、あくまで目安としてお考えください。

100メガ(0.1ギガ)あたり
インスタグラム 10分
Youtube(標準画質) 9分
LINE(トーク) 5万回
LINE(音声通話) 5時間33分
LINE(ビデオ通話) 33分20秒
Twitter 45分
Facebook 50分
Spotify 5時間
Theta 1時間

特に動画や画像の多いインスタはデータ通信量を多く使います。

インスタは10分見ただけで100メガ(0.1ギガ)使う計算です。

ギガを節約できるよう設定変更しよう(データ通信量を少なくする)

アプリごとにギガを節約(データ通信量を少なくする)設定があるので変更しましょう。

ここでは特にデータ通信量の多い、インスタとYoutubeについてご紹介します。

インスタのギガを節約するには「データ使用量を軽減」

インスタグラムでは動画の自動再生をオフにする、写真の画質を軽くするなど個別の設定はありません。

「データ使用量を軽減」にすると全体的にギガの消費を抑えることができます。

「データ使用量を軽減」の設定方法は以下の通りです。

右下の自分の顔写真を選択 → 右上のメニュー(三本線)を開く → 右下の設定を開く → アカウント → モバイルデータの使用 → データ使用量を軽減

右下の自分の顔写真を選択、右上のメニューを開く

インスタグラムのメニューを開く

右下の設定を開く

インスタグラムの設定を開く

設定から「アカウント」を開く

設定からアカウントを開く

アカウントから「モバイルデータの使用」を開く

モバイルデータの使用を開く

「データ使用量を軽減」をオンにする

「データ使用量を軽減」の設定をオンにしましょう。下の画像はオフの状態です。

データ使用量を軽減がオフの状態

次の画面のように青くなったらオンになった状態です。

データ使用量を軽減がオンになった状態

Youtubeは「画質設定の変更」でギガを節約

Youtubeアプリでは動画の画質設定を選ぶことができます。

標準の画質から低画質に変更することでデータ通信量を減らすことができます。

初期設定は360pという設定ですが、これを最低画質144pにした場合、データ通信量は約半分に減らすことができます。(り画質は悪くなります)

Youtube動画の右上から設定画面を開く

Youtubeの詳細設定画面

一覧から「画質」を選択

Youtubeの画質設定

画質を「144p(最低画質)」に変更

Youtubeの画質一覧

spotifyやtheta、discordは100メガでどれくらいの時間が使えるか

SpotifyとTheta、Discordによって使用するデータ量は、使用方法や環境によって異なりますが、一般的には以下のようになります。

Spotifyは100メガでどれくらい使えるか

Spotifyは100メガバイトは約5時間ほどの音楽を聴くことができます。ただし、高音質オプションを使用した場合はデータ量が増えるため、時間は短くなる可能性があります。

モバイルデータを節約したいなら、標準音質で再生するようにしましょう。

Thetaは100メガでどれくらい使えるか

Theta: 100メガバイトは約1時間ほどの映像を視聴することができます。ただし、高画質オプションを使用した場合はデータ量が増えるため、時間は短くなる可能性があります。

こちらもやはり、モバイルデータを節約したいなら、標準画質で再生するようにしましょう。

Discordは100メガでどれくらい使えるか

Discord: 100メガバイトは、Discordによって使用されるデータ量は、音声通話やテキストチャット、画像や動画のやり取りなどによって異なります。ただし、音声通話をしない場合は、おおむね100時間以上使用することができます。

上記は参考値であり、実際の使用環境や使用方法によって異なる場合があります。

chromeとbraveとではモバイルデータをどれだけ節約できるか?

ChromeとBraveは、どちらもブラウザアプリですが、データ使用量については異なる点があります。

Chrome: Chromeは、Googleが開発したブラウザで、高度な機能を持ち、多くのアドオンを使用することができます。しかし、これらの機能やアドオンは、データ使用量を増加させる可能性があります。

Brave: Braveは、プライバシーやセキュリティを重視したブラウザで、不要なトラッキングや広告ブロックを行うことで、データ使用量を削減することができます。

当然、BraveはChromeに比べて、データ使用量を削減することができる可能性があります。

筆者の使用感では、データ利用量を平均的に20%程度、多いときは半分くらいに減ったこともありました。特にYoutubeなど動画での広告が頻繁に出てくるものはデータ使用量を節約できる傾向にあります。

LINE友だち追加で最大2,000円分のポイントもらえるチャンス!

ポイント獲得、無料情報などお得な情報を配信中。今すぐLINE友だち追加(登録無料)しよう!

友だち追加

 - 携帯電話