転職活動から明日すぐできる短期バイト探しまで。仕事にまつわるあれこれを応援します。

会社を辞めるときに円満に退職できる退職理由とは?

   

今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる14の方法

会社を辞めるときに気になるのが、円満に退職するにはどうしたらいいかですね。

今の仕事が自分のやりたいことではなくなった、会社の人間関係や雰囲気が自分にとって居心地のいいものではない。しかしそれらを率直に言っても角が立つ。

円満に退社するための退職理由はどんなものかをご紹介します。

 

円満に退職するためのコツは?

退職の意思を伝えると通常ならなぜ辞めるか理由を聞かれますね。

その際に引き止められたり、説得されるかもしれないと思うと言い出しづらいかもしれません。

そのためにも引き止められない、退職の意思は変わらないということを相手に理解してもらうことがスムーズに退職するために重要です。

退職理由として、会社が悪いと思わせるような内容はNGです。

あくまで一身上の都合(自分自身の都合)であることをアピールするようにしましょう。

引き止めようのない退職理由は?

退社の意思を伝えると考え直すよう促されることがほとんどです。

そのため、引き止めようのない退職理由を用意しておくことが肝心です。

効果的なのは「すでに次の転職先や進路が決まっていること」。

これは引き止めようがありません。

たとえば

  1. 実家の事業を継ぐ
  2. 遠方に住む親の介護をする
  3. 大学や専門学校に入り直す
  4. 転職先が決まっている

などです。1~3は場合のよっては今の仕事と両立することを提案される場合もあります。

そういう意味でより確実なのは、4「転職先がすでに決まっている」ことです。

転職先が決まっている以上、いつまでに転職先に行くのでいついつまでに辞めたいなどスケジュールを明確化できますから円満に退社したい人にはオススメです。

リクナビネクストに無料登録すると自分にあった転職先を無料で提案してくれるので転職先をすぐに決めたい人にはオススメです。

【5分で完了】リクナビNEXTに無料登録する

転職前にこの2つは確認しておこう

一般には辞める1ヶ月前に退職の意志を伝える必要がありますが、会社によっては辞める2ヶ月前に申し出る必要があるなどまちまちです。その点は注意しましょう。

また、同業種への転職を禁ずるなど就業規則上に定められていないかは事前に確認しておいた方がいいでしょう。労働基準法上は転職の自由を阻害することはできませんが、円満に退職したいならこの辺りは抑えておいた方がいいでしょう。

そもそも忙しくて仕事をしながら転職活動するのが難しいなら

そもそも忙しくて仕事をしながら転職活動をするのが難しい場合もあるかもしれません。その場合は、転職サイトにスカウト登録などをしておくといいでしょう。

自分にあった転職先をメールで送ってくれる他、転職エージェントが自分にあった転職先を探す手伝いをしてくれます。

辞める前に転職先を確定しておくのが一番ですが、転職活動中であるだけでも説明としては有効です。最大手のリクナビネクストなら無料登録するだけで自分にあった転職先を無料で提案してくれるのでオススメです。

  【5分で完了】リクナビNEXTに無料登録する

 - 就職・転職 , , , ,