転職活動から明日すぐできる短期バイト探しまで。仕事にまつわるあれこれを応援します。

持ってるだけで金利がもらえる「Coincheck貸暗号資産サービス」

Coincheck貸暗号資産サービスについてご紹介します。

Coincheck貸暗号資産サービスは仮想通貨を保有しておくだけで金利がもらえるので積極的な売買が苦手な人にピッタリです。

Coincheck(コインチェック)で今すぐ仮想通貨取引を始める

仮想通貨のレンディング(貸暗号資産サービス)とは?

仮想通貨のレンディング(貸暗号資産サービス)とは自分が保有する仮想通貨を第三者に貸し出し、金利で利益を得る手法です。

レンディングは、仮想通貨取引によるリスクを負うことなく確実に資金を増やしていく事ができる手法なので、積極的な取引が苦手な人を中心に人気のある方法です。

仮想通貨のレンディング(貸暗号資産サービス)のメリット

レンディング(貸暗号資産サービス)のメリットは2つあります。

一つは積極的な取引をしなくても金利がただでもらえること、もう一つは銀行預金よりも有利な金利設定です。

それぞれご紹介します。

自分で取引をしなくても金利がタダでもらえる

レンディングの最大のメリットはやはり、一度預けておけば勝手に金利がもらえることでしょう。

積極的な取引は不要で放置しておくだけで利益を得られます。

日々の値動きを気にすることなく、預けておくだけで勝手にお金が増えるのが大きなメリットです。

銀行に預けるよりも金利が有利

2つめのメリットは銀行の預金利息よりも大きな利率を受け取ることができることです。

日本の銀行預金利息は、年間0.001%程度、定額貯金でも0.002%程度です。(ゆうちょ銀行を例として)

対して、レンディングの年率1~5%程度に設定されています。

  • 一般的な銀行の年間利息:0.001%
  • Coincheckのレンディングの年率:5%

具体例を言えば、銀行に100万円を1年預けると利息は1,000円(税引前)ですが、レンディングの場合は5万円になる計算です。

しかしメリットもあればデメリットもあります。

仮想通貨のレンディング(貸暗号資産サービス)を利用するデメリット

続いてレンディングに関するデメリットを解説します。

デメリットは2つあり、1つめは仮想通貨の価格変動リスク、2つめは運営会社の倒産リスクです。

仮想通貨の価格変動リスク

レンディングのデメリットとして、仮想通貨の急激な価格変動による価値の下落です。

レンディングは、仮想通貨を第3者に貸し付けることなので、仮想通貨自体の数量が変動することはありません。

ただし、仮想通貨は為替や株のように常に価格が変動しています。

もしも仮想通貨の価格が上がれば仮想通貨自体の値上がりと金利の両方が得られますが、仮想通貨の価格が値下がりすると金利はもらえるけどそれ以上に損をしてしまったということが起こります。

レンディングを行うなら、余裕資金でやるのが鉄則です。

仮想通貨取引所が潰れてしまうリスク

レンディングのもう一つのリスクとして運営会社の倒産リスクがあります。

レンディングは取引所内で行われるサービスです。

なので会社自体が潰れてしまうと、貸している仮想通貨自体も返金されるか不明となります。

銀行の預金口座なら少なくとも個人で1千万円までは保障されますが、レンディングにはそういった規定がありません。

倒産リスクに予め対処するのは難しいですが、大手の会社を選ぶ方が安全でしょう。

Coincheck(コインチェック)は仮想通貨レンディングに人気の取引所

Coincheck(コインチェック)は仮想通貨レンディングに人気の取引所です。

他の取引所は、最大年率3%に対し、Coincheck(コインチェック)は最大年率5%なのが人気の理由です。

  • 取引所/年率
  • Coincheck:最大5%
  • GMOコイン:最大3%
  • bitBank 最大3%

他の取引所でレンディングをするよりも圧倒的に収益率が高いです。

また、Coincheckはマネックスグループの一社ですから、倒産リスクも少ないです。

デメリット2の取引所の倒産リスクに備えるにも大手資本が入ったCoincheckはおすすめです。

Coincheck(コインチェック)で今すぐ仮想通貨取引を始める

2022/11/01