明日すぐできる即日バイト・単発バイト探し方まとめ

明日すぐできる短期バイトを探すには?面接なし、学生や主婦でもできる短期バイト、単発バイトの探し方をまとめます。

学年ごとの小学生の急な出費まとめ

小学生

皆さんのお子さまも、いよいよ来年から小学生という方もいらっしゃると思います。幼稚園や保育園とは、違った環境でお友達はできるのか?勉強にはついていけるのか?など心配なことも沢山あります。

お子様のことでの心配もありますが、小学生には毎月いくらくらいお金が掛かるのかも、親としては心配の1つでもあります。そこで、学年別の小学生の急な出費をまとめましたのでご紹介します。

1人の子どもを幼稚園から大学卒業まで育てるのにかかる費用は、幼稚園から全て公立でも約3,000万円と言われています。これらを全て私立に通わせると約4,000万円、医療系の大学などに通わせるとなると約6,100万円になると言われています。

小学生も、学年が上がるごとに出費も増えていきます。1年生では入学準備にお金がかかり、一番出費がある6年生では、塾や修学旅行費があります。

では、一番お金が掛からず貯金しやすいと言われている小学生の時には、いくらかかるのか公立小学校の例を見ていきたいと思います。

小学校1年生

スポンサーリンク

小学校1年生では、まず入学準備にお金がかかります。ランドセルに学習机・筆記用具・体操服・体操服入れ・上靴・上靴入れ・お道具箱と中身・制服や私服などがあります。ランドセルは平均価格は4万円から6万円、高い物では10万円を超える物もあります。

学習机は購入される方とされない方がいるのですが、平均は10万円前後となっています。これに、椅子も購入となると15万円くらいになります。筆記用具や体操服(夏冬)・上靴など合わせて3万円前後です。

入学後、算数セットや鍵盤ハーモニカ・絵具セット・水泳の用意などで1万5千円ほどかかります。入学準備から7月くらいまでに、各自で用意する物にかかる費用が約24万円です。

お道具箱や名札などは、入学後の4月に学校から集金されることが多く、7千円前後となっています。これに、毎月の給食費やファイルやテストなどの教育費で4千円~8千円かかります。必要な物と、ある物で対応する場合とがありますが、準備する物と学校に支払う年間の教育費で、一年生にかかる年間学習費が35万円となっています。

小学校2年生

小学校2年生では、年間の学習費が243,844円となっています。新しく購入する物が比較的すくなく、内訳は学校教育費が年間約3万3千円、給食費が約4万3千円です。その他、習い事家庭学習などに約16万円かかるとされています。

小学校3年生

小学校3年生では、年間の学習費が277,179円となっています。内訳は、学校教育費が年間約4万円で、給食費が約4万3千円となっています。習い事などが増える子も多く、その他の学校外活動に約19万となっています。

小学校4年生

スポンサーリンク

小学校4年生では、年間の学習費が304,024円となっています。内訳は、学校教育費が年間約4万円、給食費が約4万3千円です。4年生になると、中学受験などに向けて、小学校3年生の2月ごろから始まる、小学校4年生のクラスへ塾に通う子が増えるため、その他の学校外活動に約22万円となっています。

小学校5年生

小学校5年生では、年間の学習費が327,089円となっています。内訳は、学校教育費が年間約5万1千円、給食費が約4万3千円です。その他の学校外活動が約23万円となっています。

小学校6年生

小学校6年生では、年間の学習費が415,439円なっています。内訳は、学校教育費が年間約8万6千円、給食費が約4万3千円です。その他の学校外活動に約28万円となっています。高学年になると、修学旅行費の積み立てなどがあるので教育費が上がります。学校外活動費が上がるのは、受験などに向けて塾へ通う時間が増えるためです。

まとめ

文房具

1年生は入学準備のためお金がかかり、学年が上がるにつれてスポーツなどの習い事から、塾などのお勉強系に代わるためお金が掛かるようになります。低学年のうちは、学校へ支払う教育費や給食費で1万円を超えることはないと思いますが、高学年になると超えることがあります。4年生くらいからクラブ活動が始まるので急な出費も出てきます。

そこで、自宅でできるアルバイトや、時短のパートで急な出費に備えておくことをオススメします。

バイトル

業界初GPS検索で近場のバイトが楽々探せる日本最大級のバイト情報HP!短期、日払い、時給1200円超など選び放題!試験監督、データ入力、カフェ等、職種も豊富。

バイトル【短期・1日のみOK!】求人情報を検索

-お金がない
-, ,